無機酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

無機酸(むきさん、Mineral acid)は、無機化合物化学反応で得られるで、有機酸の対義語である。鉱酸(礦酸、こうさん)ともいう。

例えば次のようなものがある。

特徴[編集]

無機酸は強力なもの(例:硫酸)から極めて弱いもの(例:ホウ酸)まで広く存在する。無機酸分子は一般に少数の原子で構成され、極性があり、には溶けやすいが有機溶媒には溶けにくい。無機酸は化学合成にとって重要な存在である。

無機酸は広く使われており特に硫酸、硝酸、塩酸は大規模に製造されている。例えば、塩酸の希釈溶液はボイラー内の堆積物を除去するのに使われるが、塩酸は金属を腐食するため注意が必要である。