河添克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河添 克彦(かわそえ かつひこ、1936年9月29日 - )は、日本実業家で、三菱自動車工業の元社長

広島県立三原高等学校を経て[要出典]横浜国立大学経済学部を卒業[1]。1997年に三菱自動車社長に就任した。2000年に発覚した三菱リコール隠し事件の責任をとり、同年9月に社長を辞任した[2]

2002年山口県山陽自動車道熊毛インターチェンジでクラッチ系統の欠陥によって運転手の男性が死亡した事故について、2004年7月1日、元役員3人とともに業務上過失致死罪で起訴された[3]2008年1月16日横浜地方裁判所は、禁固3年執行猶予5年(求刑禁固3年)の判決を言い渡した[4]。この有罪判決に対し河添は即日控訴したものの、同年4月17日控訴を取り下げ、判決は確定した[5]

出典[編集]

  1. ^ 三菱自動車ファクトブック (PDF)”. 三菱自動車工業. pp. p.8 (2000年). 2009年12月9日閲覧。
  2. ^ 三菱自元社長から聴取 山口県の死亡事故で”. 共同通信社 (2004年6月6日). 2009年12月9日閲覧。
  3. ^ 三菱自元社長ら4人起訴 業過致死罪で横浜地検”. 共同通信社 (2004年7月1日). 2009年12月9日閲覧。
  4. ^ 元三菱自社長に有罪判決 欠陥放置で死亡事故”. 共同通信社 (2008年1月16日). 2009年12月9日閲覧。
  5. ^ 三菱自元社長ら控訴取り下げ 山口のクラッチ死亡事故”. 共同通信社 (2008年4月25日). 2009年12月9日閲覧。