江埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江埼灯台
Esakitoudai 01.jpg
江埼灯台の位置(日本内)
江埼灯台
航路標識番号 3801 [F5796]
位置 北緯34度36分23秒 東経134度59分36秒 / 北緯34.60639度 東経134.99333度 / 34.60639; 134.99333座標: 北緯34度36分23秒 東経134度59分36秒 / 北緯34.60639度 東経134.99333度 / 34.60639; 134.99333
所在地 兵庫県淡路市野島江崎
塗色・構造 白色 塔形 石造
レンズ 第3等不動フレネル
灯質 不動白赤互光 白5秒赤5秒
実効光度 白光62,000cd 赤光24,000 cd
光達距離 白光18.5海里(約34.3km)
赤光16海里(約29.6km)
明弧 61度から266度まで
塔高 8.27 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 48.5 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1871年明治4年)6月14日
管轄 海上保安庁
第五管区海上保安本部 神戸海上保安部

江埼灯台(えさきとうだい)は兵庫県淡路市淡路島)江崎に立つ白亜の石造の大型灯台。この灯台は明治初期の大坂条約によって建設された5基の洋式灯台の最初の一つで、歴史的文化財的価値が高いAランクの保存灯台である。周辺は瀬戸内海国立公園に指定され、灯台からは明石海峡大橋を望むことができる。

歴史[編集]

旧退息所[編集]

「四国村(四国民家博物館)」(香川県高松市)に石造の江埼灯台の旧退息所(灯台職員宿舎)が移築保存されている。2000年(平成12年)に国の登録有形文化財になり、内部には調度品や設計図等の貴重な資料が展示されている。

交通[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] 市政だより 明石 No.415

関連項目[編集]