氷晶石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
氷晶石
氷晶石
分類 ハロゲン化鉱物
化学式 Na3AlF6
結晶系 単斜晶系
へき開 なし
モース硬度 2.5
光沢 ガラス光沢
無色
条痕 白色
比重 3.0
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

氷晶石(ひょうしょうせき、cryolite)は、産出が比較的稀なハロゲン化鉱物の一つ。化学式はNa3AlF6、物質名はヘキサフルオロアルミン酸ナトリウム(Sodium hexafluoroaluminate)。

1799年に西グリーンランドのイビクドゥト(Ivigtût、現在のイヒドゥート(Ivittuut))で発見された。最初は「解けない氷」と考えられ、外観があまりにもに似ていることからこの名前がついた(ギリシャ語で「冷気の石」)。そのほかの国でも産出が報告されているが、現在でも、結晶としてまとまって産出するのはグリーンランドだけである。

単斜晶系モース硬度は2.5から3。比重は2.95から3。色は、半透明の無色または白色。屈折率が低く1.338でとほぼ同程度であるため、透明な結晶を水の中に入れるとほとんど見えなくなる。

1886年アルミニウムの製錬法であるホール・エルー法における融剤(融点1012℃)としての用途が開拓された。このため、グリーンランドは氷晶石の輸出で莫大な富を得た。

現在、アルミの製造にはより安価な蛍石から製造される合成品が用いられているうえ、埋蔵量が底を突いたため1987年にイヒドゥートの鉱山は閉山して町はゴーストタウンと化した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]