水爆と深海の怪物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水爆と深海の怪物
It Came from Beneath the Sea
監督 ロバート・ゴードン
脚本 ジョージ・ワーシング・イエーツ
ハル・スミス
原案 ジョージ・ワーシング・イエーツ
製作 チャールズ・H・シニア
出演者 ケネス・ トビー
フェイス・ドマーグ
イアン・キース
ドナルド・カーティス
音楽 ミッシャ・バカライニコフ
撮影 ヘンリー・フリューリッヒ 
編集 ジェローム・トムス
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年7月
日本の旗 1958年12月25日
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

水爆と深海の怪物』(It Came from Beneath the Sea)は、1955年に製作されたアメリカ合衆国の映画

ストーリー[編集]

水爆実験の影響で深海に住んでいた大ダコが餌を求め船を襲い始め遂にサンフランシスコに上陸する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

解説[編集]

  • 本作に登場するタコは元々大ダコだが一部の書籍では水爆実験の放射能で巨大化したと誤記されている。
  • タコのモデルは製作費の影響で足が6本しかない。足に入っていたギミックは『恐竜100万年』と『恐竜グワンジ』の恐竜の尾の部分に流用された。

外部リンク[編集]