林務局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
行政院農業委員会林務局
Forestry Bureau, COA
部門資料
局長 顔仁徳
副局長 魏立志、李桃生
設立時期 1945年10月
所属部門 行政院農業委員会
総部 台北市中正区
杭州南路一段2号
公式サイト www.forest.gov.tw
林務局
各種表記
繁体字 林務局
簡体字 林务局
拼音 Línwùjú
注音符号 ㄌ|ㄣˊ ㄨˋ ㄐㄩˊ
英文 Forest District Office
テンプレートを表示
台中県政府向かいの東勢林区管理処
林務局阿里山工作站

行政院農業委員会林務局(ぎょうせいいん-のうぎょういいんかい-りんむきょく)は中華民国行政院農業委員会に所属する行政機関である。略称は林務局或いは農委会林務局である。中華民国全土の森林保安林の経営管理(林業)及び自然生態保育等を主管し、相関する政策、法規の立案と執行の業務を遂行している。林務局は多数の森林遊楽区を主管しており、国家歩道系統の計画を推進している。日本の林野庁に相当する。

沿革[編集]

  • 1945年10月:台湾省行政長官公署台湾総督府の森林や営林業務などを接収し、農林処の下に林務局を設けた。
  • 1947年6月:台湾省行政長官公署が廃止され、新たに台湾省政府(省府)が誕生して林務局を一事業機構として林産管理局とした。
  • 1947年9月:省府は林政事務及び模範林場、山林管理所等を農林処の直轄へと移行させ、林産管理局は僅かに全台湾の造林及び木材生産供給等の業務を行うのみとなった。
  • 1948年6月:省府は農林処の林政事務及び山林管理所を林産管理局へ戻した。
  • 1949年6月:省府は元は10箇所あった山林管理所を合併させて、7箇所として各県政府の管轄にした。
  • 1949年12月2日:台湾省政府は農林処を農林庁へ制度改革したが、林産管理局は依然として林業試験所等の林業機構を管轄した。
  • 1950年11月:7箇所の山林管理所が林産管理局に戻った。
  • 1952年12月:台湾樟脳局が整理されて林産管理局に編入された。
  • 1955年12月:農林公司、工礦(鉱)公司から(人員が)林産管理局に移動した。
  • 1958年10月:省府は花蓮県管轄の木瓜山林場を林産管理局へ戻した。
  • 1960年2月:林産管理局を制度改革して名称も林務局とし、内部に6組6室、付属機関13個の林区管理処とした。そのうちの大雪山示範林区管理処は林政業務のみとなった。
  • 1963年:2つの工務所及び2つの工程隊を設置した。
  • 1968年:省府はヘリコプター隊を林務局へ所属させた。
  • 1969年6月:職業訓練センター及び第三工務所を設置した。
  • 1970年9月:空中森林消防隊を組織した。
  • 1970年10月:墾丁森林遊楽区管理所を設置し、恆春林区管理処が(林務局に)属する様になった。
  • 1973年7月:農林航空測量隊が林務局に所属する様になり、農林航空測量所となった。
  • 1973年9月:台湾中興紙業公司の林田山林場を木瓜林区管理処が引き継いだ。
  • 1974年1月:大雪山林業公司が林務局に所属する様になり、大雪山示範林区管理処となった。
  • 1989年7月1日:事業機構及び事業予算が改正されて公務機構及び公務予算となった。嘉義林区処は森林鉄道管理課を特設した。[1]
  • 1999年:台湾省の行政改革によって、林務局は中央政府の機関となり、行政院農業委員会に属する様になった。

組織[編集]

  • 局長
    • 副局長
    • 主任秘書

幕僚単位[編集]

  • 森林計画組
  • 林政管理組
  • 集水区管理組
  • 造林生産組
  • 森林育楽組
  • 保育組
  • 秘書室
  • 人事室
  • 会計室
  • 政風室

所属機関[編集]

  • 農林航空測量所
  • 羅東林区管理処:管轄 文山、宜蘭、羅東、太平山林場、南澳、和平、部分大溪事業区及び太平山国家森林遊楽区
  • 新竹林区管理処:管轄 烏來、大溪、竹東、大湖、南庄、大安溪事業区,及び満月圓国家森林遊楽区、内洞森林遊楽区、東眼山国家森林遊楽区、観霧国家森林遊楽区
  • 東勢林区管理処:管轄 八仙山林場、大甲溪、一部の大安溪事業区及び武陵国家森林遊楽区、八仙山国家森林遊楽区、大雪山国家森林遊楽区、合歓山国家森林遊楽区
  • 南投林区管理処:管轄 巒大、丹大、濁水溪、埔里、一部の阿里山事業区,大肚山、八卦山保安林及び奧萬大国家森林遊楽区
  • 嘉義林区管理処:管轄 阿里山林場、玉山、大埔、玉井事業区及び阿里山国家森林遊楽区
  • 屏東林区管理処:管轄 潮州、屏東、恆春、旗山、荖濃溪事業区及び藤枝国家森林遊楽区、双流国家森林遊楽区、墾丁国家森林遊楽区
  • 台東林区管理処:管轄 関山、延平、台東、大武、成功事業区及び知本国家森林遊楽区、向陽国家森林遊楽区
  • 花蓮林区管理処:管轄 立霧溪、木瓜山、林田山、玉里、秀姑巒事業区及び富源国家森林遊楽区、池南国家森林遊楽区

職掌[編集]

  • 森林経営計画、林業資源の保育、利用、開発等計画の立案、森林資源調查
  • 森林管理、保護、林業行政
  • 保安林経営管理、上游集水区の管理、林道や林業工程の計画、指導及び維持管理
  • 造林の調查計画、育苗及び撫育、国有林と公有林の管理、林産物処分、民営林業及び林産工商業の指導
  • 森林遊楽区の企画、開発、管理と経営
  • 自然生態保育

歴任局長[編集]

光復初期林務局時期[編集]

  • 黄維炎:1945年12月8日 - 1947年 6月15日

林産管理局時期[編集]

  • 唐振緒:1947年 6月16日 - 1948年 9月15日
  • 梁劼誠:1948年 9月16日 - 1949年 4月10日
  • 李順卿:1949年 4月11日 - 1952年 8月31日
  • 皮作瓊:1952年 9月 1日 - 1956年 8月13日
  • 陶玉田:1956年11月17日 - 1960年 2月14日

事業機構林務局時期[編集]

  • 陶玉田:1960年 2月15日 - 1962年11月9日
  • 沈家銘:1962年11月10日 - 1974年 1月6日
  • 徐学訓:1974年 1月7日 - 1980年 1月17日
  • 許啓祐:1980年 1月18日 - 1987年 3月8日
  • 何徳宏:1987年 3月9日 - 1989年 6月30日

公務機構林務局時期[編集]

  • 何徳宏:1989年 7月1日 - 1995年 8月4日
  • 何偉真:1995年 8月5日 - 1999年10月11日
  • 黄永桀:1999年10月12日 - 2001年1月15日
    • 黄裕星 (代理):2001年1月16日 - 2001年4月3日
  • 黄裕星:2001年4月4日 - 2003年3月11日
    • 李桃生 (代理):2003年3月12日 - 2003年3月16日
  • 顔仁徳:2003年3月17日 - 2011年6月2日
    • 李桃生(代理):2011年6月3日-2012年3月5日
  • 李桃生:2012年3月6日-現任

鉄道事業[編集]

蹦蹦

阿里山森林鉄路を長らく運営していたが2008年6月19日より宏都阿里山公司に移管した。かつては太平山森林鉄路羅東森林鉄路、林田山林場鉄路を運営していた。太平山国家森林遊楽区では太平山森林鉄路廃線跡の一部で観光用のトロッコ列車(蹦蹦車)を運行している。

参考文献[編集]

  • 林務局公式サイト
  • 姚鶴年編,《台灣林務局局誌》(台北:農林廳林務局,1997)。
  • 姚鶴年編,《台灣林務局局誌續編》(台北:農委會林務局,2007)。

出典[編集]

  1. ^ 林野局概要と沿革

関連項目[編集]

外部リンク[編集]