板倉勝従

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

板倉 勝従(いたくら かつより、寛延3年3月23日1750年4月29日) - 安永7年2月9日1778年3月7日))は、備中松山藩の第3代藩主。板倉家宗家9代。

初代藩主・板倉勝澄の三男。母は根津氏。正室は奥平昌純の娘(奥平昌鹿の養女)。官位は従五位下、日向守、隠岐守。

生涯[編集]

先代藩主の兄勝武の実子が全て早世していたため、明和6年(1769年)に兄が死去すると、その養嗣子となって跡を継いだ。藩政に見るところもなく、安永7年(1778年)2月9日、29歳で死去した。嗣子が無く、弟の勝政が跡を継いだ。法号は康長院殿英山源哲大居士。