板倉勝武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

板倉 勝武(いたくら かつたけ、1736年2月1日享保20年12月20日) - 1769年6月30日明和6年5月27日))は、備中松山藩の第2代藩主。板倉家宗家8代。

初代藩主・板倉勝澄の長男。母は根津氏。正室は龍野藩主・脇坂安興の娘・宝勝院。側室は市場氏。子に娘(板倉勝志継室)、娘(山内豊泰正室)。官位は従五位下、美濃守。

享保20年(1735年)12月20日生まれ。宝暦元年(1751年)9月23日、父の隠居により家督を継ぐ。明和元年(1764年)に奏者番となったが、明和5年(1768年)に病を理由に辞任し、翌年5月27日、父が死去してわずか24日後に後を追うように死去した。享年35。跡を弟の勝従が継いだ。法号は大光院殿普照源海大居士。