村上憲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

村上 憲郎(むらかみ のりお、1947年 - )は、日本実業家システムエンジニア。豊の国かぼす特命大使。

経歴[編集]

大分県佐伯市出身。大分県立佐伯鶴城高等学校京都大学工学部資源工学科卒業。

日立電子DECを経て、Northern Telecom Japan代表取締役2001年ドーセントの日本法人を立ち上げる。

2003年4月1日より、Google米国本社副社長兼Google日本法人代表取締役に就任。2008年12月31日に退任し、2009年1月1日より同社名誉会長。現在は同社の経営からは退き、村上憲郎事務所代表を務めている。

主張[編集]

  • 英語で不自由なくコミュニケーションをとれない人は、21世紀を生き残ることはできない」
2010年11月6日、おおいた佐伯鶴城同窓会において[1]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『知識ベースシステム入門 やさしい人工知能 インフォメーションサイエンス』 1986年 ISBN 487189004X
  • 『村上式シンプル英語勉強法—使える英語を、本気で身につける』 ダイヤモンド社 2008年 ISBN 447800580X
  • 『村上式シンプル仕事術―厳しい時代を生き抜く14の原理原則』ダイヤモンド社 (2009/10/2)
  • 『一生食べられる働き方』PHP新書 (2012/3/15)

共著[編集]

  • 共著者:Tehu『スーパー高校生"Tehu"と考える 想像力のつくり方』角川書店 (2013/3/9)

脚注[編集]

  1. ^ 大分合同新聞 グーグル名誉会長講演 「英語教育が重要」

外部リンク[編集]