李韓永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李韓永(イ・ハニョン(李韓英)、1961年 - 1997年2月25日)は、金正日の元妻(正確には結婚していない)成恵琳の実姉・成恵琅の息子で、金正男の従兄弟、金正日は伯父にあたる人物。北朝鮮の暴露本を出版したことで知られている。本名は李一男(イ・イルナム)。平壌出身。

1978年モスクワ言語大学文学部に入学。卒業後、フランス語を学ぶためにジュネーヴの大学に留学していたが、1982年に韓国へ亡命し、整形手術を受けた上改名し、結婚した。その後1987年12月にKBS国際局に入社してロシア語の放送プロデューサーとなった。1996年頃韓国メディアのインタビューに応じ(日本の「SAPIO」の取材も受けている)、金一族の事を話した事や暴露本『平壌「十五号官邸」の抜け穴』を出版したのが遠因で、翌年の2月15日、身を寄せていた友人宅前で北朝鮮の工作員2名により頭部に銃撃を受けて脳死状態に陥り、10日後に死亡した。その後、同年10月27日に北朝鮮の工作員夫婦が逮捕され(妻は自殺)、夫を取調べた結果、ハニョンの暗殺は朝鮮労働党社会文化部の特殊工作組のメンバーによる犯行と断定され、金正日の指示によるとされた。

その後彼の妻は、「保護対策が疎かだったために夫が殺害された」として、2002年2月に韓国政府を相手取り4億8000万ウォン以上の損害賠償請求を起こした。一審・控訴審とも国家の責任を認め、2008年8月に最高裁が上告を棄却し、原告側勝訴の判決が確定した。ただし、彼が国情院の勧告・忠告を無視してインタビューに答えたり、暴露本を出版したことから国家の責任を6割とし、賠償額は9699万ウォンとなった[1]

出典[編集]

  1. ^ 最高裁, 金正日の妻の甥, 李韓英氏殺害事件の国家賠償を確定 - The Daily NK、2008年8月22日

著書[編集]

  • 大同江ロイヤルファミリー・ソウル潜行14年(東亜日報社、1996年)
  • 金正日が愛した女たち―金正男の従兄が明かすロイヤルファミリーの豪奢な日々(上書の日本語版。日本語訳:浅田修、徳間書店、2001年ISBN 9784198918682
  • 平壌「十五号官邸」の抜け穴(日本語訳:太刀川正樹、ザ・マサダ、1996年)
    • のちに「金正日に暗殺された私」と改題して再刊(廣済堂出版、2003年 ISBN 978-4-331-51000-1

外部リンク[編集]