李錦記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李錦記(りきんき, ウェード式: Lee Kum Kee)は、1888年創業で現在香港に本社を置く食品製造企業、または、同社が用いる中国料理調味料ブランドを言う。中国(当時は清朝広東省香山県南水郷(現中山市)で李錦裳が発明したオイスターソース(カキ油)の製造販売に始まる。

日本での販売は過去ライオンであったが、ライオンの食品事業撤退により現在はエスビー食品が行っている。

沿革[編集]

  • 1888年:広東省岡州(現江門市新会区)出身で香山県南水郷で料理店を営んでいた李錦裳がオイスターソースを発明、同地で製造販売を開始する。
  • 1902年:マカオへ移転し、販路を広東省一円と香港に拡大。
  • 1920年:李錦裳引退、北米での販路を拡大。
  • 1932年:香港支社開設。
  • 1988年:創業100周年、本社を香港大埔工業団地に移転。
  • 1992年XO醤販売開始

主な製造販売調味料[編集]

外部リンク[編集]