旧横浜正金銀行上海支店ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横浜正金銀行ビル

横浜正金銀行上海支店ビル(よこはましょうきんぎんこうしゃんはいしてん)は上海外灘にあるビル。旧地番から外灘24号とも呼ばれる。横浜正金銀行が上海支店として立てた。

前歴[編集]

横浜正金銀行は日本半官半民貿易金融外国為替の専門銀行である。1893年中国での業務を展開し、上海支店を開店した。初期には他のビルの一室を借りていたが、業務が発展した後に、外灘32号の土地を購入して、ビルを建設した。また、1923年にはサッスーン家の所有地であった外灘24号を買い取り、元からあったビルを取り除き、英国のパーマー&ターナー社に建築を依頼して1924年に完成した。

建築様式[編集]

建築は一棟六階立てで総床面積は1,8732m2になった。イオニア式の円柱を採用している。

建築後[編集]

1945年以降、このビルは修理された後に中央銀行の所在地となった。ビルの名前も中央銀行ビルとなった。1949年中国共産党により上海が占領されると、このビルは中国人民銀行華東区のオフィスになった。1956年、上海紡績工業局はこのビルに入店し、業務を執り行った。現在は中国工商銀行上海支店として使用されている。