旧露清銀行上海支店ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧露清銀行上海支店ビル
各種表記
繁体字 華俄道勝銀行大樓
簡体字 华俄道胜银行大楼
拼音 Huáé Dàoshèng Yínháng Dàlóu
発音: ホアオー ダオション インハン ダーロウ
英文 Russo-Chinese Bank Building
テンプレートを表示

露清銀行ビル(ろしんぎんこう-)は中華人民共和国上海市外灘地区に位置する建築物。上海では番地で呼ばれることも多く外灘15号とも称される。ロシア資本である露亜銀行の前身である露清銀行が上海での経営を行うために建設した。露清銀行は初期は外灘29号のインドシナ銀行ビルで経営を行っていたが、1899年に15号地を購入し、1902年までにこのビルを建築した。

広さは5018m2新古典主義建築的な構造をしている。三階建て。イオニア式の円柱で装飾されている。

その後1926年に露清銀行は倒産、その後1928年に中国為替取引場が解説され、更にその後貿易センター、上海航空局が使用している。