新居浜工業高等専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新居浜工業高等専門学校
正門よりの眺め
正門よりの眺め
略称 新居浜高専
英称 National Institute of Technology, Niihama College (NIT, Niihama College)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立工業高等専門学校
設立年 1962年
学科 機械工学科
電気情報工学科
電子制御工学科
生物応用化学科
環境材料工学科
専攻科 生産工学専攻
生物応用化学専攻
電子工学専攻
所在地 792-8580
ウェブサイト http://www.niihama-nct.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

新居浜工業高等専門学校(にいはまこうぎょうこうとうせんもんがっこう、英称:National Institute of Technology, Niihama College)は、愛媛県新居浜市にある日本の国立高等専門学校である。1962年に旧制新居浜工業専門学校(現・愛媛大学工学部)跡地に設置された。国立高専の第1期校の一つである。略称は新居浜高専

沿革[編集]

設置学科[編集]

学科(準学士課程)[編集]

  • 機械工学科(学校設立当初からの学科。)
  • 電気情報工学科(旧電気工学科(学校設立時の学科名)。2003年度に現学科に改組。)
  • 電子制御工学科(1988年度設置。)
  • 生物応用化学科(旧工業化学科(学校設立時の学科名)。1997年度に現学科に改組。)
  • 環境材料工学科(2007年度に材料工学科から改称。1987年度に旧金属工学科から改組。)

専攻科(学士課程)[編集]

  • 生産工学専攻
  • 生物応用化学専攻
  • 電子工学専攻

学生生活[編集]

本科1・2年生においては標準服(学校で規定された服。男子学生は学生服、女子学生はブレザースタイルとなっている。)および体操服(2013年度入学生のものよりデザインが変更)が定められている。本科3年生からは、私服登校が認められている。茶髪・ピアスは、本科1・2年生は原則禁止、本科3年生以降も控えるように通達されている。

構内に学寮(うち1つは女子寮)が設けられており、かつては低学年を全寮制にしていたが、現在は低学年においても自宅からの通学が認められている。通学手段として自転車のほか、3年生以降は原付小型バイクでの校内乗り入れが認められている。また、専攻科生のみ自家用車での乗り入れも可能である。(いずれの場合においても届出が必要)新居浜市外からの通学生は予讃線経由で新居浜駅から自転車で通学する学生が多い。また、2013年10月より正門前にせとうちバスのバス停『新居浜高専前』が新設され、新居浜駅方面および新居浜市川東地区からバスでのアクセスが可能となった。

2013年現在、セメスター制が導入されていない数少ない高専の1つであるが、2014年度以降導入する予定となっている。

構内にある尚友会館には、売店と学生食堂が設けられており、昼休みになると学生や教職員で賑わう。売店・学食設置当時から2011年度まで、永らく「ちどり」の愛称で親しまれていたが、2012年3月末で閉店。同年4月から西洋フード・コンパスグループの運営に切り替わり「clover」の愛称で運営されている。

毎年11月には学校祭である国領祭がある。学生会や国領祭執行委員を中心に運営され、各クラスや部活動単位で模擬店が出店されるほか、尚友会館前に野外ステージを設置し、メインイベント会場にしている。また、第一体育館にもステージを設営し、軽音楽部のメンバーによるライブハウスも設けられる。

なお、創立からしばらくの間は修学旅行も実施されていたが、現在は行われていない。また、体育祭も行われないが、年2回クラスマッチが実施されている。

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]