敦実親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

敦実親王(あつざねしんのう、寛平5年(893年) - 康保4年3月2日967年4月14日))は、平安時代中期の皇族宇多天皇の第八皇子。母は皇太后藤原胤子で、醍醐天皇の同母弟。官位一品式部卿六条宮を称した。

経歴[編集]

延喜7年(907年)宇多院で元服親王宣下されして三品に叙せられる[1]。のち、上野太守中務卿式部卿を歴任し、一品に叙せられた。

天暦4年(950年出家して法名を覚真と称し、仁和寺に住した。康保4年(967年)3月2日没。享年75[2]

人物[編集]

早世が多かった宇多天皇の皇子では唯一長命を保ち、内外から重んじられた存在であった。

和歌・管弦・蹴鞠など諸芸に通じた才人であったが、とりわけ音曲に優れ源家音曲の祖とされる。藤原忠房が作曲した舞楽曲の胡蝶延喜楽振り付けを付けるなど[3]、日本の音楽史上重要な人物である。勅撰歌人として、『後撰和歌集』に和歌作品が1首採録されている[4]

系譜[編集]

その他[編集]

一説に、歌人で琵琶の名手・蝉丸雑色として仕えたといわれる。

脚注[編集]

  1. ^ 『扶桑略記』延喜7年11月22日条
  2. ^ 『日本紀略』康保4年3月2日条
  3. ^ 『礼源抄』
  4. ^ 『勅撰作者部類』