慕容沖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
威帝 慕容沖
西燕
第2代皇帝
王朝 西燕
在位期間 384年 - 386年
都城 長安
姓・諱 慕容沖
小字 鳳皇
諡号 威皇帝
生年 光寿3年(359年
没年 更始2年(386年)2月
景昭帝
可足渾皇后
年号 更始 : 385年 - 386年

慕容 沖(ぼよう ちゅう)は、五胡十六国時代西燕の第2代君主。前燕の第2代皇帝景昭帝の子。

生涯[編集]

前燕では中山王・大司馬に封じられていた。建熙11年(370年)に前燕が前秦により滅ぼされると、兄の慕容泓など鮮卑慕容部族と共に関中へと移住した。建元19年(383年)に前秦が淝水の戦いで敗退、国内の各部族の影響力が弱まると、翌建元20年(384年)に叔父の慕容垂が河北で叛乱を起こした。この時、前秦から平陽太守に任じられていた慕容沖も河東で挙兵し、慕容泓の陣営に合流した。

慕容泓は華陰で独立政権を樹立したが、苛刻厳峻に法を用いる兄に反発した高蓋などにより殺害され、慕容沖が皇太弟として擁立された。慕容沖は長安に入城、翌385年に阿房宮にて皇帝に即位、更始と改元した。その後、慕容垂の勢力が強大であるため、鮮卑の故地への帰還を放棄し、長安での安住策を採用した。これが武人の反発を呼び、更始2年(386年)に左将軍の韓延によって殺害された。

先代:
慕容泓
西燕の第2代皇帝
384年 - 386年
次代:
段随