情事の終り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

情事の終り'』(The End of the Affair)は、イギリスの作家グレアム・グリーン1951年の小説。

第二次世界大戦直後のロンドンを舞台とし、作家モーリス・ベンドリクス、サラ·マイルズ、そしてサラの夫である公務員ヘンリー・マイルの三角関係を中心に、強迫観念、嫉妬と疑惑をあつかう。

イギリスの聖職者たちと次々にセックスをしてスキャンダルを巻き起こしたレディ・キャサリン・ウォルストン(親友の妻 1916年 - 1978年)との実際の浮気(1946年 - 1966年)にもとづいている(この女性に関する書籍にウィリアム・キャッシュが発表した『グレアム・グリーンと第三の女―『情事の終わり』を生んだ秘められた情欲』(The Third Woman: The Secret Passion That Inspired The End Of The Affair)がある)。

小説の英国版は「C」に捧げられており、「C」は「キャサリン」を意味する[1]

これまでに1955年と1999年に映画化され、うち1999年のバージョンは日本で『ことの終わり』として劇場公開された。

映画化など[編集]

日本語訳[編集]

  • 愛の終り(田中西二郎訳、新潮社 1952年 のち文庫、「情事の終り」と改題)
  • 永川玲二訳 選集、1961年 全集

参照[編集]

外部リンク[編集]