徳宗 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳宗 李适
第12代皇帝
Tang Dezong.jpg
王朝
在位期間 779年 - 805年
姓・諱 李适
諡号 神武孝文皇帝
廟号 徳宗
生年 742年
没年 805年
代宗
呉氏
皇后 昭徳皇后
陵墓 崇陵
年号 建中 : 780年 - 783年
興元 : 784年
貞元 : 785年 - 805年

徳宗(とくそう)は唐朝の第12代皇帝代宗の長男。

生涯[編集]

父代宗が即位すると大元帥に任じられ、安史の乱の終息に務めた。

764年(広徳2年)皇太子となり、779年(大暦14年)代宗の崩御にともない即位した。即位後は唐の財政再建に尽力し、楊炎の進言に従って両税法を施行し税制面の改革に着手した。また節度使を抑制するために兵力削減や世襲禁止などの抜本的な改革を行なおうとしたが節度使の反発を招き、河朔三鎮河南二鎮反乱により長安を追われてしまった。このため784年に『罪己詔』を発して、節度使に対する不介入を約束した上で混乱を収束した。徳宗の改革は短期間で失敗に終わり、さらなる財政的に困難な状況を生み出した。そして節度使の権力は更に強まり、唐の権力は一層の弱体化に見舞われた。

徳宗の治世は両税法の改革などから中興の治と称されているが、具体的な成果は乏しい。ただし後世の憲宗による節度使抑制の成功は、徳宗時代の失敗の教訓が活かされた結果とも言われる。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 昭徳皇后王氏
  • 韋賢妃

[編集]