殤帝 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殤帝 李重茂
第7代皇帝
王朝
在位期間 710年7月8日7月25日
姓・諱 李重茂
諡号 殤皇帝
生年 695年
没年 713年
中宗
皇后 陸皇后
年号 唐隆 : 710年

殤帝(しょうてい)は、唐朝の第7代皇帝。中宗の末子。

生涯[編集]

初めは北海王に封じられ、後に温王に転封となった。710年に父の中宗が継母の韋皇后と異母姉の安楽公主の母娘に毒殺された後、韋后によって皇位に即けられた。韋后は武則天同様に王朝の簒奪を狙っており(武韋の禍)、殤帝は禅譲のための傀儡として即位させられたに等しかった。

しかし1ヶ月後には、叔母の太平公主と従兄の李隆基(玄宗)の手により韋后母娘とその一族は殺害された。やがて彼は、従兄の李隆基の手によって、その父親で叔父の睿宗に譲位させられた。

皇位を廃された李重茂は元の温王に戻されるが、713年に死去している。殺害された可能性もあるが、史書には死因を記した記録は残っていない。