睿宗 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
睿宗 李旦
第5代/第8代皇帝
Tang Ruizong.png
王朝
在位期間 684年 - 690年
710年 - 712年
姓・諱 李旦
諡号 玄真大聖大興孝皇帝
廟号 睿宗
生年 662年
没年 716年
高宗
則天順聖皇后武氏
皇后 劉皇后
竇皇后
陵墓 橘陵
年号 文明 : 684年
景雲 : 710年 - 712年
太極 : 712年
延和 : 712年

睿宗(えいそう)は、唐朝の第5代、第8代皇帝高宗の第8子で、中宗の弟に当たる。

生涯[編集]

684年、兄の中宗が母の武則天によって廃位されたことにより即位した。その即位は武則天の傀儡であり、政治的な実権は皆無であった。690年、武則天が自ら皇帝に即位すると廃位された。

705年、武則天が死去直前に中宗が復位し、李旦は安国相王に封じられる。710年にはその中宗が韋皇后により毒殺された後、韋后一派を三男の李隆基(玄宗)と協力して排除し、甥の李重茂(殤帝)を廃して再び帝位についた。712年、玄宗に譲位し、太上皇帝を称した。716年に55歳で崩御した。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 肅明順聖皇后(劉氏)
  • 昭明順聖皇后(氏)
  • 豆盧貴妃
  • 崔貴妃
  • 王德妃
  • 王賢妃(王芳媚)
  • 柳宮人
  • 崔孺人 太子の妾
  • 唐孺人 太子の妾

[編集]

  1. 永平王 李憲(李成器、譲皇帝)
  2. 恵荘太子 李撝
  3. 相王 李隆基(玄宗)
  4. 恵文太子 李範
  5. 恵宣太子 李業
  6. 随王 李隆悌

[編集]

  • 寿昌公主
  • 安興昭懷公主
  • 荊山公主
  • 淮陽公主
  • 代国公主(李華婉)
  • 涼国公主(李華荘)
  • 薛国公主
  • 国公主
  • 金仙公主
  • 玉真公主(李持盈)
  • 霍国公主