李裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李 裕(り ゆう、生年不詳 - 905年)は、中国皇族。第19代皇帝昭宗の長男。唐末の混乱期に皇帝に即位する(ただし、李裕の帝位は一時的なものであったため、正史では歴代皇帝に数えられていない)。最後の皇帝哀宗の長兄である。

897年乾寧四年)の春2月に皇太子となる。900年光化三年)冬11月に一部の宦官勢力のクーデターによって昭宗が廃位され、皇太子李裕が新皇帝に即位する。しかし、翌901年天復元年)春正月に反対勢力の宦官らが蜂起して昭宗が復位した。李裕は退位させられ、皇太子の座にも戻ることなく、徳王に降格された。

やがて、905年の春2月の戊戌の日に、父を殺害した朱全忠に招かれた彼は、弟である棣王李祤・李禊・李禋・李禕・李祕・李祺・李禛・李祥らと共に、洛陽内にて偽りの宴会の最中に、朱全忠が遣わした刺客の手によって絞め殺される。彼らの遺体は付近の九曲池に投げ込まれたという。