順宗 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
順宗 李誦
第13代皇帝
王朝
在位期間 805年
姓・諱 李誦
諡号 至徳弘道大聖大安孝皇帝
廟号 順宗
生年 761年
没年 806年
徳宗
昭徳皇后王氏
皇后 荘憲皇后王氏
陵墓 豊陵
年号 永貞 : 805年

順宗(じゅんそう)は唐朝の第13代皇帝徳宗の長男。

生涯[編集]

779年に立太子され、805年に徳宗の崩御により即位した。王叔文翰林学士に任じ、韓秦韓曄柳宗元劉禹錫陳諌凌准程異韋執宜ら(二王八司馬)を登用、徳宗以来続いていた官吏腐敗を一新し、地方への財源建て直し、宦官からの兵権を取り返そうとするなどの永貞革新の政策を行なっている。

だが、即位して間もなく脳溢血に倒れ、言語障害の後遺症を残した。さらに8月には宦官の具文珍らが結託して皇帝に退位を迫り、即位後僅か7ヶ月で長男の李純に譲位し、自らは太上皇となった。

翌年、病気により47歳で崩御したが、宦官によって殺害されたとも伝えられている。

その在位中の記録として、韓愈の手になる『順宗実録』(『韓昌黎集』外集に所収)が現存する。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 荘憲皇后王氏

[編集]