崔益鉉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
崔益鉉
Portraits for Choe Ik-Hyeon by Chae Yong-sin.jpg
各種表記
ハングル 최익현
漢字 崔益鉉
発音 チェ・イッキョン
日本語読み: さい えきげん
ローマ字 Choe Ik-Hyeon
テンプレートを表示

崔益鉉(さいえきげん、チェ・イッキョン、최익현、1834年1月14日時憲暦道光13年十二月初五日)-1907年光武11年)1月1日(時憲暦十一月十七日)は、李氏朝鮮末期の儒学者政治家。保守的な国粋主義者衛正斥邪運動抗日義兵闘争を指揮したために日本によって捕えられた。は賛謙。は勉菴。京畿道抱川出身。

14歳で李恒老のもとで朱子学を学んだ後、1855年に文科に合格して官途につく。1873年に国王高宗の父・興宣大院君財政政策と鎖国攘夷政策を非難する上疏を提出、大院君失脚の政変(癸酉政変)のきっかけを作ったが、益鉉は2年間済州島流刑生活を送った。だが、彼の大院君批判は方法論の問題であり、鎖国攘夷の路線についてはむしろ強硬論の立場に立ち、1876年日朝修好条規締結に際してはの担いで宮廷前に現れてこれを激しく非難した。だが、その過激行動を理由に今度は黒山島に流される。3年後に許されるものの、現状に失望して故郷に戻り、甲午改革反対論、断髪令拒否を唱えた。1896年1898年に再出仕を求められるが、日本や独立協会を非難する意見書を出してすぐに辞任した。

第二次日韓協約締結直前、高宗の要請に抗し難く、再出仕に応じるものの、反日運動家として日本側によって捕えられて漢城から追放されてしまう。

1906年6月、全羅北道泰仁(現在の井邑市泰仁面)で門人とともに義兵を挙げるが、日本陸軍によって捕えられて日本の対馬に連行されてしまう。だが、日本に連行されてもなお抗議の断食を続けて間もなく没した。