大雪りばぁねっと。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大雪りばぁねっと。(だいせつりばぁねっと)は北海道旭川市にあるNPO法人である。2005年に北海道から認証を受け設立された。石狩川上流域での環境保全や、自治体のレスキュー隊に救助訓練を指導するなどの活動をしていた[1]。2011年4月に旭川市へ監督権限が委譲された[2] 。後にずさんな運営問題が明らかになり[2]、2013年5月15日に東京地方裁判所より破産手続開始決定を受けた。負債総額は約5億6000万円[3]。2014年2月4日には、代表の岡田栄悟が業務上横領容疑で逮捕された[4]

不明朗会計問題[編集]

岩手県山田町から、2011年3月11日に発生した東日本大震災で避難した被災者の雇用創出事業を委託されたが、後に不明朗な会計が明らかになり、旭川市、岩手県、山田町を巻き込んで問題となっている。報道によって、「旭川NPO不明朗会計問題」、「大雪りばぁねっと。問題」などと呼ばれている。

問題の経緯[編集]

  • 2011年
    • 3月 東日本大震災発生、その後多くの被災者が北海道へ避難。大雪りばぁねっと。が山田町で支援活動を開始。
    • 5月 山田町が大雪りばぁねっと。と2011年度雇用事業の委託契約を締結。
    • 8月 オール・ブリッジ設立
    • 12月 山田町に無料公衆浴場「御蔵の湯」(おぐらのゆ)開設、約1年間運営。
  • 2012年
    • 4月 山田町が大雪りばぁねっと。と2011年度雇用事業の委託契約を締結。事業費7億9千万円。
    • 12月 大雪りばぁねっと。に残高が75万円しかないことが発覚し、山田町は事業打ち切りを決定。大雪りばぁねっと。は従業員137人全員を解雇。
  • 2013年
    • 1月 山田町が第三者調査委員会を設置。
    • 2月 宮古労働基準監督署が大雪りばぁねっと。を事実上の倒産状態と認定。
    • 3月 大雪りばぁねっと。が解散か破産を検討。岩手県は使い切った事業費7億9千万円のうち5億200万円を不適切支出と判断、補助対象外とした。そのため、山田町はそれを一般財源で穴埋め。解雇された元従業員が労働組合を結成。
    • 4月 町民団体が町費での穴埋めは不当だとして、町議会の解散請求書を町に提出。町の第三者委員会が報告書を公表。
    • 5月 東京地方裁判所より破産手続開始決定を受ける。負債総額約5億6000万円。
  • 2014年
    • 2月3日 山田町が岩手県警に告訴状を提出。県警は即日受理。[5]
    • 2月4日 代表の岡田栄悟ほか4名が、2012年10月上旬に山田町から前払いされた事業委託料3,000万円を私的に流用した業務上横領容疑で岩手県警に逮捕される。[5][6]

問題点[編集]

杜撰な運営[編集]

雇用事業の委託契約では人件費以外の財産形成に事業費が使われないように50万円を超える売買はできないが、山田町の調査によると、ボート購入に600万円(インフレータブルボート。しかも特殊部隊で使用されているような機種)、車両10台購入に2900万円、その他潜水機材、1着10万円のイタリア製高級ブランドの制服、数十万円するライト購入など計2億8千万円がリース費名目で直接業者に支払われていた[1]。また、山田町の業者には少なくとも1千万円の未払い金がある[1]。大雪りばぁねっと。には税理士など資格を持った者がおらず、高額の売買でも領収書を保管していなかった。

オール・ブリッジ設立と、無料公衆浴場「御蔵の湯」開設[編集]

上記と同じ理由で建設・土木事業もできない。また複数年度に跨る支出もできない。そこで岡田代表は大雪りばぁねっと。のナンバー2の男を代表とするリース会社「オール・ブリッジ」を設立した。そしてオール・ブリッジに御蔵の湯を建設させ、それを大雪りばぁねっと。に貸し出し、リース料を毎年オール・ブリッジに支払うという委託契約における禁止事項の網をくぐり抜ける形で御蔵の湯を開設した[1]

岩手県の杜撰な事業検査[編集]

「御蔵の湯」建設の際、岩手県は2012年4月の事業検査で、建設・土木事業に当たり、補助対象外との見解だったが後に一転、オール・ブリッジを介したリース事業とし、補助対象と認めた[1] 。これに対し、県の雇用対策労働室の特命参事は事業内容を突っ込んで確認していなかったことを認めた。[1]

山田町の杜撰な事業委託[編集]

町は事業委託の際、大雪りばぁねっと。の過去の実績や、収支報告を一切確認せずに委託し、事業費全額を前払いした。また、大雪りばぁねっと。の岡田代表を町の主幹に任命したときも履歴書の提出も受けていなかった。

事業半ばでの従業員137人全員を解雇[編集]

2012年12月に事業費を使い切ったことを理由に従業員137人を全員解雇した。2013年3月に元従業員約30人が労働組合を設立した。今後、大雪りばぁねっと。に対し、解雇予告手当の支給と解雇に至った経緯の説明と謝罪、山田町には雇用確保を求めていく方針[2]

その他[編集]

  • 大雪りばぁねっと。を所管する旭川市は「推移を見守りながら適切な対応をとりたい」と認証取り消しに慎重に検討するとしている。
  • 大雪りばぁねっと。ナンバー3だった男Uが、大雪りばぁねっと。の杜撰な運営に反対し退職している。そして北海道の新聞[1]や報道番組[7]に出演し、大雪りばぁねっと。を告発している。
  • 山田町は弁護士と共に宮古警察署へ相談に行くなど刑事告訴を検討している。
  • 大雪りばぁねっと。に損害賠償を請求する動きがあるが、大雪りばぁねっと。が破産すると請求できなくなる。しかし、それでも岡田代表個人に対する請求は可能としている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 北海道新聞2013年4月4日
  2. ^ a b c 北海道新聞2013年4月19日
  3. ^ (特定)大雪りばぁねっと - 東京商工リサーチ「倒産速報」(2013年5月16日公開)
  4. ^ 震災NPO:補助金横領容疑で元代表を逮捕 岩手県警 - 毎日新聞(2014年2月4日11時31分)
  5. ^ a b “「大雪」元代表ら5人逮捕 3000万円横領の疑い”. 河北新報. (2014年2月5日). http://www.kahoku.co.jp/news/2014/02/20140205t33023.htm 2014年2月5日閲覧。 
  6. ^ “NPOの復興支援事業費流用、新たに4人を逮捕”. 読売新聞. (2014年2月5日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140204-OYT1T01169.htm 2014年2月4日閲覧。 
  7. ^ UHBスーパーニュースなど

外部リンク[編集]