問答無用 強制子宮破壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

問答無用 強制子宮破壊』(もんどうむよう きょうせいしきゅうはかい)とは、アダルトビデオメーカーバッキービジュアルプランニング製作によるアダルトビデオ作品。AV女優への行き過ぎた暴行および傷害によりバッキー事件として立件された。ビデオ作品の販売は、会社名を変えCOLLECTORというサイトで継続していたが、後に取り扱いを終了している。

概要[編集]

迫真のレイプ作品に仕上げるため事前にAV女優に意図的に十分な説明を行なわず[1]、集団で暴行を加え、AV女優が本当に恐怖を感じ怯える様を撮影していた。

代表的な作品展開
スタッフがAV女優をリラックスさせ、通常のAV撮影と思い込ませる。出演契約にサインさせた後、スタッフの態度が急変、AV女優の衣服を剥ぎ取り集団でレイプに及ぶ。ひととおりレイプシーンが終わった後には、嫌がるAV女優に乱暴行為を働き、本当に恐怖を感じさせ怯えさせる。

問題とされた演出は、以下の通り。

暴行
嫌がるAV女優の髪をつかんで振り回すなどの乱暴行為や、腹部や顔面などに平手打ちを繰り返し赤く腫れ上がっていく様子を収録している。また、嫌がるAV女優の顔を無理矢理、浴槽や水槽あるいは便器などに溜めた水に繰り返し押し込み、執拗な水責めにより呼吸困難に陥らせる様子を収録している。
強制飲酒
『問答無用 強制子宮破壊12』において、AV女優に焼酎漏斗を用いて強制的に大量に飲ませ、また膣内にも漏斗を挿入し焼酎を流し込むなどしたため、急性アルコール中毒を起こし意識不明、昏睡状態に陥っていく様子が収録されている。この女優は脳幹麻痺による脱糞にまで至っていて、パッケージにも「死んだ?!」とある(この女優に関しては生存との未確認な情報が流れる[要出典])。これ以外の作品でも強制飲酒場面が何度も登場する。
警察官による事情聴取
『問答無用 強制子宮破壊17』において、恐怖を感じたAV女優が撮影スタジオから逃げ出そうと裸で駆け出したところを通行人に目撃され、通行人の通報により警察官が駆けつけ事情聴取に当たるが、人身保護にまで至っていない様子が収録されている。

シリーズ作品[編集]

2003年
問答無用 強制子宮破壊(6月20日)
問答無用 強制子宮破壊2(7月25日)
問答無用 強制子宮破壊3 岸田香織(9月19日)
問答無用 強制子宮破壊4 柴崎(白雪)未永(11月28日)
問答無用 強制子宮破壊スペシャル(12月26日)
2004年
問答無用 強制子宮破壊5 ポッチャリM女に八つ当たり暴行編(2月20日)
問答無用 強制子宮破壊6 ロリータ美少女 愛田瞳(3月5日)
問答無用 強制子宮破壊7 現役吉原ソープ娘 夏目ユイ(3月19日)
問答無用 強制子宮破壊8 現役明治大学生 松島杏(5月1日)
問答無用 強制子宮破壊9 ゆりあ(6月6日)
問答無用 強制子宮破壊10 子持ちの人妻 真央 21歳(7月15日)
問答無用 強制子宮破壊11 レースクィーン志望 ひかる 19歳(8月15日)
問答無用 強制子宮破壊12 精神病のゴスロリ美少女 美咲天使 19歳(9月15日)
問答無用 強制子宮破壊13 加山美里(10月15日)
問答無用 強制子宮破壊14 森田愛(11月15日)
問答無用 強制子宮破壊スペシャル2(11月25日)
問答無用 強制子宮破壊15 病院勤務 川崎美紀 22歳(12月15日)
2005年
問答無用 強制子宮破壊16 エロリスト逆襲編 インリン・オブ・ホイホイ(4月1日)
問答無用 強制子宮破壊スペシャル3(6月20日)
問答無用 強制子宮破壊17 はらだはるな(6月24日)

出典[編集]

  1. ^ 井川楊枝 『封印されたアダルトビデオ』 彩図社、2012年、184頁では、事務所ぐるみでAV女優を騙していたらしい、と書かれている。