バッキー事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バッキー事件(バッキーじけん)とはビデオ制作会社「バッキービジュアルプランニング」によるAV女優や素人モデルに対する強姦致傷事件。

経過[編集]

2004年6月下旬、バッキービジュアルプランニング(以下バッキー)は東京都豊島区居酒屋でAV女優に薬物脱法ドラッグ)を吸わせ、同区西池袋のマンションに連れ込み猥褻行為を撮影しながら肛門浣腸器具を挿入、器具を破裂させ直腸穿孔、肛門裂傷により全治4ヶ月の重傷を負わせた。処置が遅ければ死亡していた可能性もある悪質な犯行であり、警察が動くこととなった(直腸穿孔の40%は手術後死亡すると言われている。)。12月16日、上記の疑いで、K代表、H責任者ら8人が強制わいせつの疑いで逮捕された。


この会社は以前から監禁、陰毛焼き、水責め、強制飲酒を含む暴行系ビデオを大量に製作し、さらに「監禁友の会」を発足してDVD購入者を対象とした撮影参加エキストラの公募を行っていた。いずれも撮影の詳細について女優には殆ど知らされずにこうした暴行ビデオの撮影が強行されていた。[1]


逮捕された関係者は証拠不十分で処分保留のまま釈放されたがこの事件以降、池袋署の組織犯罪対策本部が本腰をいれて、バッキー壊滅に向けて動き出すことになった。バッキーに出演した女優が次々と警察の説得で被害届を提出し、2005年3月には関係者らが再び逮捕される。撮影スタッフに罪をなすりつけていた代表も2006年2月に強姦致傷容疑で逮捕・起訴された。


主犯とされる会社代表の男と監督の男は東京地裁に起訴され、2007年10月5日には会社代表の男の論告求刑公判が開かれた。論告では、軽いレイプものの撮影であると言い一人の女性に対し2、30人で暴行を加えたり、手足を縛り顔を水中に沈めたりするなど、演出の度を越えた暴力の実態が明らかになった。被告人に反省の色もみられず情状酌量の余地はないとして検察は懲役20年を求刑したが、その際も被告人はうすら笑いを浮かべていたという[2]


その後2007年12月19日に、会社代表の男に対しては一審・二審で懲役18年の判決が言い渡された[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]