咸錫憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
咸錫憲
Ham Seokheon Portrait.jpg
咸錫憲
各種表記
ハングル 함석헌
漢字 咸錫憲
発音: ハン・ソクホン
ローマ字 Ham Seok heon
テンプレートを表示

咸 錫憲(ハン ソクホン、함석헌1901年3月13日 - 1989年2月4日)は、大韓民国のキリスト教思想家、独立運動家。

平安北道生まれ。1917年に結婚後、1919年に平壌高等普通学校の生徒となるが、崇実学校の咸錫雲らに影響され、三・一独立運動に連座、反省文を書けば許すという日本人校長の態度に立腹、学校を追放される。その後、1921年鄭州の五山学校へ咸錫奎の紹介で編入、1923年に卒業後東京高等師範学校へ進む。1924年には内村鑑三と出会い、多大な影響を受ける。1928年卒業と同時に帰国、母校の五山学校にて朝鮮史の教師を務める。また、1934年から1935年にかけて、雑誌『聖書朝鮮』に「聖書的立場から見る朝鮮史(意味的にみる朝鮮史)」を掲載する。しかし、1938年、学校での日本語使用を拒否したため、教職を追われる。1942年5月、『聖書朝鮮』158号別刊に掲載された「弔蛙」という金教臣の童話が問題となり、聖書朝鮮事件が起こった。これによって同誌は廃刊を余儀なくされた。この事件によって西大門刑務所で1年間服役した。

1945年8月の朝鮮解放以降は、主に故郷の平安道を中心に活動していたが朝鮮労働党より「反共産的」であるとして投獄されるが、朝鮮戦争が勃発し、釜山へ脱出する。以降、宗教者としての講演会をたびたび行っており、1956年からは雑誌『思想界』で論客として活躍する。1961年第二共和国総理大臣・張勉国土建設団に教育大臣として招聘されるが、朴正煕がクーデターを起こして第二共和国が崩壊したため、再び野に下ることとなる。

李承晩時代より自由党の半独裁に異を唱え、民主化運動の先頭に立ったため、何度も投獄されている。1970年には仏教僧の法頂らと漸進的評論雑誌『シアレ・ソリ』を発刊するが、全斗煥政権の言論統廃合により1980年に強制廃刊された。ノーベル平和賞候補に2度選定され、聖書のみならず、東洋、西洋の古典を広く勉強し、独自の「シアル思想」を提唱した。この要旨は「非暴力民主主義」ということから、「韓国のガンジー」との異名もとった。

1989年ソウル大学病院にて89歳で死去。

著書
  • 『苦難の韓国民衆史』 金学鉉 訳、新教出版社、1980年6月