和田賢秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和田賢秀
時代 南北朝時代
生誕 不詳
死没 正平3年/貞和4年1月5日
1348年2月4日
別名 新発意(しんぼっち)、源秀、歯噛様
墓所 大阪府四條畷市南野の和田賢秀墓
主君 後醍醐天皇後村上天皇
氏族 楠木氏和田氏
父母 父:楠木正季
兄弟 正氏行忠高家賢快賢秀
秀氏

和田 賢秀(にぎた けんしゅう)は、南北朝時代の武将。名は「かたひで」とも読まれ、また源秀(げんしゅう)とも記される。四條畷市の墓所石碑には、正面に『和田源秀戦死墓』と刻まれている。

和田賢秀墓(四條畷神社管理下)

生涯[編集]

楠木正季の五男(末男)で、楠木正成湊川の戦いで伯父・父らが戦死した後、楠木一門の棟梁となった従兄弟楠木正行に従い、共に勢力を回復していった。

楠木一族の中でも武勇の誉れ高く、正行に従い常に参戦している。正平2年(1347年)に紀伊国の隅田一族を、また河内国細川顕氏山名時氏を打ち破った。

正平3年(1348年)正月、四條畷の戦いで敗れ、正行らが自刃した後高師直の陣に潜入していたところをかつて味方であった湯浅本宮太郎左衛門に討たれた。

討死の際に敵将の首に噛み付き睨んで放さず、本宮太郎左衛門はそれが元で死んだとされており、土地の人々は賢秀の霊のことを歯噛様(はがみさま)、転じて歯神様として祭っている。

参考文献[編集]

墓所までの交通アクセス[編集]

墓所の位置
北緯34度44分7.20秒
東経135度38分31.70秒

関連項目[編集]