周至県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 陝西省 周至県
旧称:盩厔


簡体字 周至
繁体字 盩厔
Zhōuzhì
カタカナ転記 ヂョウヂー
国家 中華人民共和国
陝西
副省級市 西安市
行政級別
面積
- 総面積 2,974 km²
人口
- 総人口(2003) 63 万人
経済
電話番号 029
郵便番号 710400
ナンバープレート 陝A
行政区画代碼 610124
公式ウェブサイト http://www.zhouzhi.gov.cn/

周至県(しゅうし-けん)は中華人民共和国陝西省西安市に位置する県。旧称は盩厔(ちゅうちつ)県であり、1986年に改名した(盩・周はzhōu、厔・至はzhìで同音)。いわゆる関中地区にあり、南に秦嶺山脈を控え、北の渭水に面している。盩厔とは山河が曲がりくねっているという意味である。

地理[編集]

東経107°39'から108°37'・北緯33°42'から34°14'に位置し、温帯大陸性モンスーン気候。年平均気温は13.2℃、降水量は674.3mm、日照時間は1993.7時間、霜のおりない日は225日。

歴史[編集]

前漢武帝の時代に盩厔県として設置された。後漢により一時廃止されたが、西晋により再設置され現在に至る。山水の趣が優れているとされたことから山曲を表す「盩」と水曲を表す「厔」が件名に採用された。

唐代に至るまで畿内の県として重要視され、京兆郡の管轄とされた。806年元和元年)、白居易が県尉として赴任しており、『長恨歌』が詠まれたのもこの時期とされている。

伝統工芸としては刺繍が有名であり「刺繍の郷(刺绣之乡)」の異称を有す。

行政区画[編集]

8鎮、21郷を管轄する。

    • 二曲鎮、唖柏鎮、終南鎮、馬召鎮、集賢鎮、楼観鎮、尚村鎮、広済鎮、厚畛子鎮
    • 四屯郷、侯家村郷、竹峪郷、青化郷、翠峰郷、九峰郷、富仁郷、司竹郷、辛家寨郷、驢峪郷、陳河郷、板房子郷、王家河郷

交通[編集]

周至県は東に西安市街、西に宝鶏市に接し、南に漢中市、北へは楊陵区に通じている。310国道が東西に通り隴海鉄路が並行している。108国道は南北に縦貫し、西宝高速公路と連なっており、西安咸陽国際空港へは北に50キロメートル。

観光[編集]

物産[編集]

  • キウイフルーツ
  • 刺繍 - 気候の温和なことからの栽培及び養蚕が盛んとなり、生糸で絹織物を作り出す。周至刺繍は秦繍を代表する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]