及川奥郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
発見した小惑星
(1088) 三鷹 1927年11月17日
(1089) 多摩 1927年11月17日
(1090) 隅田 1928年2月20日
(1098) 箱根 1928年9月5日
(1139) 熱海 1929年12月1日 (1
(1185) 日光 1927年11月17日
(1266) 利根 1927年1月23日
(1584) 富士 1927年2月7日

(1 …窪川一雄と共同

及川 奥郎(おいかわ おくろう、明治29年(1896年)-昭和45年(1970年))は、第二次世界大戦前に小惑星を複数発見した日本の天文学者である。岩手県出身。

1920年東京大学理学部天文学科を卒業後、東京府三鷹にあった東京天文台において技師として働いていたが、1927年から1929年にかけて計8つの小惑星を発見した。(1088) 三鷹を始め、いずれも関東地方各地の地名から採った名前が付けられている。

1950年に定年退職した。

(2667) 及川は彼の姓に因んで命名された。