熱海 (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熱海
1139 Atami
仮符号・別名 1929 XE
分類 小惑星
軌道の種類 火星横断
発見
発見日 1929年12月1日
発見者 及川奥郎
窪川一雄
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 1.948 AU
近日点距離 (q) 1.451 AU
遠日点距離 (Q) 2.445 AU
離心率 (e) 0.255
公転周期 (P) 2.72 年
軌道傾斜角 (i) 13.09
近日点引数 (ω) 206.45 度
昇交点黄経 (Ω) 213.43 度
平均近点角 (M) 172.91 度
衛星の数 1
物理的性質
直径 6 - 7 km
自転周期 27.44 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 12.51
色指数 (B-V) 0.920
色指数 (U-B) 0.497
■Project ■Template

熱海 (1139 Atami) は火星横断小惑星S型小惑星と考えられる。1929年に及川奥郎と窪川一雄によって発見され、日本の熱海に因んで名付けられた。

2005年9月1日に、ライトカーブの観測から衛星 (S/2005 (1139) 1) の存在が確認された。直径は 5~7 kmで、二重小惑星の可能性も考えられる。正確な軌道はまだわかっていないが、熱海から20kmほど離れた所を約17時間あるいは27.45時間の周期で回っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
アッティカ (小惑星)
小惑星
熱海 (小惑星)
次の小惑星:
クリミア (小惑星)