博鰲鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 海南省 博鰲鎮
ボアオの万泉河に近いビーチ
ボアオの万泉河に近いビーチ
中心座標 北緯19度9分38.4秒 東経110度34分51.3秒 / 北緯19.160667度 東経110.580917度 / 19.160667; 110.580917
簡体字 博鳌
繁体字 博鰲
拼音 Bóáo
カタカナ転記 ボーアオ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
海南
地級市 瓊海市
行政級別
面積
総面積 31 km²
人口
総人口() 1 万人
経済
電話番号 0898
郵便番号 571434
ナンバープレート 琼C

博鰲鎮(ボアオ/はくごう-ちん)は中華人民共和国海南省瓊海市に位置する

地理[編集]

博鰲鎮は海南省東部、南シナ海に面し、万泉河の河口に位置する。南は万寧市と接し、東は海に面し、北は瓊海市の潭門鎮、西は瓊海市の朝陽郷、上甬郷という二つの郷と接している。瓊海市中心の嘉積鎮からは 17 キロメートル、省都海口市からは 105 キロメートル、島の南端のリゾート地三亜市からは 180 キロメートル。

行政区画[編集]

下部に17村を管轄する

  • 東海村、東嶼村、朝烈村、珠聯村、田甬村、博敖村、古调村、指母村、海燕村、中南村、仰大村、楽城村、莫村村、培蘭村、沙美村、北山村、北岸村

経済[編集]

ボアオ市街

元来は半漁半農の漁村であったが、1990年代よりソフィテルなど複数の国際的なリゾートホテルが建設され、国際会議場や温泉ゴルフ場等を擁する中国有数の複合リゾート地として開発されている。特に毎年ボアオ・アジア・フォーラムが開催されることで世界の注目を集めている。