南日島戦役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南日島戦役
戦争:国共内戦
年月日1952年10月11日—15日
場所中国南日島
結果中華民国陸軍の勝利
交戦勢力
Flag of the National Revolutionary Army
中華民国陸軍
PLA
中国人民解放軍
指揮官
Flag of the ROC 胡璉
汪光堯
Flag of the PRC 葉飛
戦力
第75師(約6,000人) 約1,300人
損害
100人以下 戦死500人
捕虜800人
3艘魚雷艇撃沈
国共内戦

南日島戦役(なんにちとうせんえき)は、1952年10月11日中華民国(以下台湾と略す)胡璉が、汪光堯の第75師団約6000人を率いて中華人民共和国(以下中国大陸と略す)が支配する南日島(現在の福建省莆田市秀嶼区)を攻撃した戦闘。10月15日には台湾陸軍は島の人民解放軍を撃破し、800人を捕虜として台湾本島に帰着、南日島は放棄された。凱旋軍は10月22日に高雄を経て台北に帰着している。


関係項目[編集]