千代香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千代香(ぢょか、じょか)

千代香(ぢょか、じょか)とは、焼酎を温めるための扁平な土瓶のことである。鹿児島では「ちょか」とも言う。

概要[編集]

千代香は扁平な土瓶のことで、焼酎を温めるために使用される。特に、九州地方鹿児島県宮崎県で多く使用されている。名前の由来には、注ぎ口がイノシシに似ているため”猪牙(ちょか)”から名前が付いたという説と、酒瓶中国読み”ちゅか”が訛った説がある。ちなみに、千代香の黒いものは特に黒千代香と呼ばれている。

沖縄県では茶器を含めた土瓶全般がチューカーと呼ばれており、鹿児島などにみられるものと同種の酒器は、特にサキ(酒)チューカーと呼ばれている。ただし泡盛にはをつける習慣がないため、沖縄の酒チューカーは耐熱性がなく、直火にかけて使用することはできない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]