北西県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北西県の位置

北西県(ほくせいけん、ハイチ語: Nòdwès, ノードウェス)はハイチ北西部の県 (depatman)。県庁所在地はポールドペ。面積は 2,176 km² 人口 488,500 人 (2002年)。ポールドペ沖合にラトーチュ島がある。南東に北県及びアルティボニット県と接する。北西県は乾燥して不毛となり、コロンビア産の麻薬の中継地点となっている[1]。ポールドペはかつてはバナナコーヒーの輸出港だったが、近年ではマイアミから日用品を輸入している。モール・サン・ニコラはクリストファー・コロンブス到達地で、ウィンワード海峡を臨み、砦の遺跡が数多く残されている。晴れた夜にはキューバグアンタナモ州が見える。ポードペー郡サン・ルウィ・ディノー郡モール・サン・ニコラ郡の3つの郡 (awondisman) が置かれている。

脚註[編集]

  1. ^ クリストフ・ヴァルニー「ハイチ経済を支える麻薬取引」『ル・モンド・ディプロマティーク』2001年6月号