北港鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雲林県の旗 雲林県 北港鎮
別称: 笨港
ChaoTian Tempel.jpg
地理
Unrin hokkoutin.svg
位置 北緯23°35'
東経120°20'
面積: 41.4999 km²
各種表記
繁体字: 北港鎮
日本語読み: ほっこう
漢語: Bĕigāng
通用: -
注音符号: ㄒㄧㄢˇ ㄍㄤ
片仮名転写: ベイガン
行政
行政区分:
上位行政区画: 雲林県の旗 雲林県
下位行政区画: 28里408鄰
政府所在地: -
北港鎮長: 蕭永義
公式サイト: 北港鎮公所
情報
総人口: 41,964 人(2014年1月)
戸数: 15,887 戸(2014年1月)
郵便番号: 651
市外局番: 05
北港鎮の木: -
北港鎮の花: -
北港鎮の鳥: -
北港渓鉄橋の北港鎮側

北港鎮(ほっこうちん)は台湾雲林県

地理[編集]

北港鎮は雲林県の南西に位置し、東南は北港渓を隔てて嘉義県新港郷及び六脚郷と、北西は水林郷及び元長郷と接している。

歴史[編集]

北港鎮は旧称を「笨港」と称した。1683年康熙22年)より福建沿海からの移民が入植し、また公館を設けて租税を徴収するようになった。1731年雍正9年)には笨港鎮丞を設置し入津する船舶の管理を行なっていた。乾隆初年には釐金局が設置されると、この地域には街区が設置されるようになった。1893年光緒23年)に台中県北港弁務が設置されるなど、清代を通じて繁栄した地域となっていた。日本統治時代は幾度かの行政改革が加えられた結果、台南州北港郡北港街となったが、戦後の1946年1月19日に廃止され、代わって台南県北港区北港鎮が設置された。1950年10月の地方行政区改革に伴い区が廃止され、北港鎮と改められ雲林県に帰属するようになり現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

  • 東華里
  • 義民里
  • 共栄里
  • 西勢里
  • 賜福里
  • 公館里
  • 仁安里
  • 光復里
  • 新街里
  • 府番里
  • 草湖里
  • 溝皂里
  • 樹脚里
  • 扶朝里
  • 水埔里
  • 東陽里
  • 光民里
  • 南安里
  • 中和里
  • 仁和里
  • 大同里
  • 華勝里
  • 後溝里
  • 番溝里
  • 大北里
  • 好収里


歴代鎮長[編集]

氏名 任期

教育[編集]

高級中学[編集]

高級職校[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台19線

観光[編集]

外部リンク[編集]