加藤まさを

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1949年

加藤 まさを(かとう まさを、1897年4月10日 - 1977年11月1日)は、日本の画家。本名は正男静岡県藤枝市出身。立教大学英文科中退。

学業の傍ら川端画学校で洋画を学ぶ。大正時代の代表的な抒情画家の一人で、少女に圧倒的な人気を得た。ファンとの交流をよくし、髪型や衣服など、女学生風俗を熟知していた。さらに、バラの栽培、ヴァイオリン演奏、テニスなど、少女好みの趣味を持っていた。1923年大正12年)に、童謡「月の沙漠」を発表。詩画集に『カナリヤの墓』、『合歓の揺籃』、少女小説に『遠い薔薇』(1926年、短編集)、『消えゆく虹』(1929年、長編小説)、『二つの虹』などがある。1929年から1930年にかけて平凡社から出版された『令女文学全集』全15巻の巻11が加藤まさを集だった。 

著書[編集]

  • 『カナリヤの墓』岩瀬書店 1920
  • 『童謡画集 合歓の搖籃』内田老鶴圃、1921、のち大空社叢書日本の童謡
  • 『涙壷 抒情小詩集』内田老鶴圃、1922
  • 『人形の墓 童謡画集』内田老鶴圃、1923
  • 『遠い薔薇』春陽堂、1926、のち国書刊行会
  • 『まさを抒情詩集』春陽堂、 1926
  • 『愛の哀しみ』春陽堂、1927
  • 『消えゆく虹』大日本雄弁会講談社、1929、のち国書刊行会
  • 『月見草 外12篇』平凡社、1930、令女文学全集
  • 『かわいい動物』文・絵、ゆりかご社、1951
  • 『月の沙漠 抒情詩集』今野書房、1969
  • 『加藤まさを抒情画集』講談社、1977
  • 『加藤まさをのロマンティック・ファンタジー』国書刊行会、2013