劉伯承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
劉伯承
Liu Bocheng.jpg
プロフィール
出生: 1892年12月4日
死去: 1986年10月7日
出身地: 清の旗 四川省開県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 劉伯承
簡体字 刘伯承
拼音 Lìu Bóchéng
和名表記: りゅう はくしょう
発音転記: リュウ・ボーチョン
テンプレートを表示

劉伯承(りゅう はくしょう、リュウ・ボーチョン、1892年12月4日 - 1986年10月7日)は中華人民共和国の軍人、政治家。中華人民共和国元帥

経歴[編集]

四川省(現在は重慶市)開県で旅回りの楽士の子として生まれる。1911年の辛亥革命では重慶軍政府に参加。1912年重慶軍政府将校学堂に入学。1914年、孫文の指導する中華革命党に入党。朱徳らとともに北伐に参加。1926年中国共産党に入党。1927年の南昌蜂起で参謀長として指揮。1928年からモスクワM.V.フルンゼ名称軍事アカデミーに留学。1930年帰国。長征では党中央軍事委総参謀長として指揮をとった。抗日戦線では八路軍第129師団長。

1945年からは晋冀鲁予軍区、中原野戦軍中国人民解放軍第2野戦軍の司令員として同郷の鄧小平(政治委員)と組み、国民党との戦いにたびたび勝利し、1949年の中華人民共和国建国に大きく貢献した。第2野戦軍は当時、劉鄧軍と称された。

1955年、十大元帥の一人(序列4位)に選ばれる。1956年9月28日、第8期1中全会で中共中央政治局委員に選出[1]。1958年林彪と対立して失脚。1966年党中央軍事委副主席、全人代常務委副委員長。

過去の戦闘中に片目を失明したため、普段は眼鏡をかけていた。「独眼竜将軍」の異名を持ち、「軍神」とも呼ばれた。

鄧小平との友好関係(「劉鄧不可分」)は生涯続いた。鄧小平の有名な「白猫黒猫論」は元々、四川の諺であり、最初に提唱したのは同郷の劉伯承であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中共八届一中全会選出新的中央机构 (中国語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]