兼本貴司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
兼本 貴司
Takashi Kanemoto Golf pictogram.svg
基本情報
生年月日 1970年12月12日(43歳)
出身地 広島県
成績
優勝回数 日本男子:2勝
初優勝 三菱ダイヤモンドカップゴルフ2009年
賞金ランク最高位 日本男子:8位(2010年)
2012年10月20日現在
テンプレートを表示

兼本 貴司(かねもと たかし、1970年12月12日生 - )は、広島県因島(現・尾道市)重井町出身のプロゴルファー。178センチ、70キロ。

経歴[編集]

広島県立因島北高校(現・広島県立因島高等学校)2年16歳から、地元の練習場でアルバイトをしながらゴルフを習い卒業後、父親を説得して研修生となる。1993年、2度目の受験でプロテスト合格。デビュー戦は1994年7月のヨネックスオープン広島(予選落ち)。1999年に初シード権を獲得。2006年のシード落ちでレッスンプロ転向を考えるが中嶋常幸に師事し翌2007年復調し再びシード権を獲た。2009年5月、国内男子ツアー「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」で、当時は通算8勝を挙げていた実力者ブレンダン・ジョーンズをPOの末に下して苦節17年目にして悲願のツアー初優勝を果たした。生涯獲得賞金が2億2484万3192円、同ランクは107位と、この試合前までは未勝利選手としては宮里優作に次いで2番目に獲得賞金が多かった[1]。 広島生まれの「カネモト」とあって阪神タイガース金本知憲とダブらせ「ゴルフ界の"アニキ"」と呼ばれる。また、2010年にはThe Championship by LEXUSで2勝目を挙げている。

脚注[編集]

  1. ^ スポーツニッポン、2009年6月1日、10面。

外部リンク[編集]