俺の尻をなめろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

俺の尻をなめろ』(おれのしりをなめろ)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したカノン形式の声楽曲。1782年ウィーンで作曲された。歌詞はドイツ語。6声の『俺の尻をなめろ』(Leck mich im Arsch) K.231 (382c) と3声の『俺の尻をなめろ、きれいにきれいにね』(Leck mir den Arsch fein recht schön sauber) [1] K.233 (382d) の2曲がある。ただし、後者は贋作とされている。

作曲の経緯を示す資料は残されていないが、親しい友人たちとの内輪の集まりで、大勢で歌って盛り上がるために作られたものであろう。K.231は6声のカノンなので、モーツァルトも含めて最低6人の男性が「俺の尻をなめろ」と合唱したものと想像される。

これらの曲の歌詞は、19世紀の研究者には無視されてきたが、20世紀の後半になってから一般に知られるようになり、現在では録音も行われている。

Leck mich im Arschというドイツ語の言い回しは直訳すると『俺の尻をなめろ』という意味になるが、本当に尻を舐めることを相手に要求しているわけではなく、1500年代以前からドイツに伝わる言い回しで、意味としては「消え失せろ」「引っ込め」という感じの日本語に近い。悪魔に罵られたマルティン・ルターの言葉も悪魔相手に「消えうせろ」と口汚く言い返しただけであり、 ゲーテの騎士物語ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン においても敵対者に対して「消えうせろ」と口汚く言い返す意味で用いられている。

ピアノ演奏,MIDI file, 9KB, 2:16

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

歌詞[編集]

Leck mich im Arsch!
Lasst uns froh sein!
Murren ist vergebens!
Knurren, Brummen ist vergebens,
ist das wahre Kreuz des Lebens.
Drum lasst uns froh und fröhlich sein!
Leck mich im Arsch!

俺の尻をなめろ
陽気にいこう
文句をいってもしかたがない
ブツブツ不平を言ってもしかたがない
本当に悩みの種だよ
だから陽気に楽しく行こう
俺の尻をなめろ

1782年のカノン[編集]

1782年には、次のように6曲のドイツ語のカノンが残されている。なお、カッコ内の数字は第6版のケッヘル番号

  1. 彼女は死んだ (Sie ist dahin) K.229 (382a) ハ短調
  2. 幸いなるかな、幸いなるかな (Selig, alle selig sie) K.230 (382b) ハ短調
  3. 俺の尻をなめろ (Leck mich im Arsch) K.231 (382c) 変ロ長調
    出版時の歌詞は「愉快に暮らしましょう」(Laßt froh uns sein)
  4. 俺の尻をなめろ、きれいにきれいにね (Leck mir den Arsch fein recht schön sauber) K.233 (382d) 変ロ長調
    出版時の歌詞は「わたしゃ酒が何より一番」(Nichts labt mich mehr als Wein)
  5. 夏の暑さに俺は食う (Beider Hitz im Sommer, eß ich) K.234 (382e) ト長調
    出版時の歌詞は「飲んで、食って、身が保つ」(Essen, Trinken, das erhält den Leib)
  6. 泡立つ酒がグラスに光るところ (Wo der perlende Wein im Glase blinkt) K.347 (382f) ニ長調

1、2、6曲目にはもともとの歌詞は残っておらず、のちに楽譜が出版されたときに歌詞が付けられた。3、4、5曲目の歌詞は一行しか残っておらず、出版社が無難な歌詞を付けて出版した。『俺の尻をなめろ』以外の曲も、もともと歌われたときは下品な歌詞だったかもしれない[2]

音楽学者ヴォルフガング・プラートは、1988年に4曲目と5曲目はモーツァルトの真作ではなく、Wenzel Johann Trnkaの作であると発表している[3]

1788年のカノン[編集]

1788年にも同様に下品な歌詞のカノンが作曲された。ここでは3曲を挙げる。

  1. 戦記を読むなんて俺にはとても [4](Difficile lectu mihi mars) K.559 ヘ長調
  2. おお、お前ばかなパイエルよ (O du eselhafter Peierl) (K.559a) ヘ長調[5]
    カノン『おお、お前ばかなマルティンよ』K.560は歌詞の「パイエル」を「マルティン」に変え、ト長調にしたもの。
  3. お休み、お前はほんとのお馬鹿さん (Bonna box! bist a rechta OX) K.561 イ長調

1曲目はラテン語もどきの歌詞で、友人のテノール歌手パイエルを引っ掛けるために作られた。なまりのある発音で「Difficile lectu mihi mars」と歌うと、「俺の尻をていねいになめろ(Diffizil(e) leck du mich im Arsch)」というドイツ語の発音が聞こえるようになっている。また「jonicu」(イオニア詩)という単語を何度も繰り返して歌う部分があるが、イタリア語で「睾丸」(coglioni, cujoni)と連呼しているように聞こえる。2曲目は、1曲目のあとでパイエルをからかうために歌われたもので、やはり「俺の尻をなめろ」という箇所がある。3曲目は、ラテン語、イタリア語フランス語英語、ドイツ語で「お休みなさい」と歌いながら、最後に「ベッドに糞をして」「尻をなめろ」という歌詞で終わる。

脚注[編集]

  1. ^ 直訳すれば「俺の尻をなめろ、上等に正しく美しく清潔に」となる。
  2. ^ 前掲の石井宏の解説による説。
  3. ^ プラートは筆跡研究で名高い音楽学者。Plath, Wolfgang: Echtheitsfragen bei Mozart. Teil II: Wenzel Trnka und die angeblichen Mozart-Kanons KV 233 (382d) und KV 234 (382e), in: Opera incerta: Echtheitsfragen als Problem musikwissenschaftlicher Gesamtausgaben. Kolloquium Mainz 1988.
  4. ^ この曲の邦題は定まっておらず、「マルスイオニア人になるのは難しい」と訳されている場合もある。
  5. ^ 前掲の『モーツァルト事典』では、K.559aの成立時期を1785~1787年とし、K.560は1788年としている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 石井宏『モーツァルト大全集 歌曲・カノン全集』(CDの解説)、ユニバーサルミュージック社、2006年
かつて世界初の『俺の尻をなめろ』が録音されたとき、石井宏は解説を依頼されたが、できあがった原稿をレコード会社に拒否されたという。
  • 海老澤敏ほか『モーツァルト事典』東京書籍、1991年
本記事でドイツ語の歌詞の日本語訳は、おおむねこの書籍に従った。
このCD盤では、大半の歌詞が英語に訳されて歌われている。解説書には原語のドイツ語詞と、歌われている英語訳詞が併記してある。日本に輸入盤が入ったときは『お下品モーツァルト』と呼ばれた。直訳すると「未校閲のモーツァルト」となる。

外部リンク[編集]