住吉公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
住吉公園
Sumiyoshi Park
住吉公園潮掛道.jpg
住吉公園の潮掛道(住吉大社旧表参道)
所在地
大阪市住之江区浜口東1丁目
北緯34度36分44.6秒 東経135度29分18.5秒 / 北緯34.612389度 東経135.488472度 / 34.612389; 135.488472座標: 北緯34度36分44.6秒 東経135度29分18.5秒 / 北緯34.612389度 東経135.488472度 / 34.612389; 135.488472
分類 都市公園
面積 8ha
開園 1873年
運営者 大阪府
事務所 住吉公園管理事務所
事務所所在地 大阪市住之江区浜口東1-1-13
アクセス 南海本線住吉大社駅・阪堺電気軌道上町線住吉公園駅など
テンプレートを表示
住吉高灯篭

住吉公園(すみよしこうえん、Sumiyoshi Park[1])は大阪府大阪市住之江区浜口東1丁目にある大阪府営公園

概要[編集]

住吉公園という名称だが、現在の住所表示では住之江区になる。もともとは住吉区に属していたが、1974年の大阪市の区の変更に伴い、住吉区から住之江区が分区した時、住吉公園は住之江区地域に含まれた。

住吉公園は、現在は市民公園で、花壇や池、遊戯施設、コートなどが並ぶ。しかし元は住吉大社の境内で、大社の馬場があった。公園の中央を東西に走る「潮掛け道」は、住吉大社の表参道だった。

国道26号に面した所に立つ高灯篭は、住吉大社の灯篭で、鎌倉時代創建の日本最古の灯台とされる。現在の高灯篭は1974年に場所を移して復元されたものであり、元は200メートルほど西方にあった。

今は完全に内陸の市街地だが、かつては、住吉公園の少し西側を走る阪神高速15号堺線あたりまで海が迫っていた。この海に面した住吉大社の社前の風景が、日本の美しい風景の典型とされる白砂青松の原景である「住吉模様」の地。

また鎌倉時代の元寇の時は、蒙古撃退のための住吉大社による住吉大神への「浜祈祷」は、住吉公園の前に広がっていた住吉の浜で行われた。

歴史[編集]

大阪府営公園としては浜寺公園とともに1873年に指定され、大阪で一番歴史のある公園となっている。

開設当初は現在より広い面積を有していたが、1884年に阪堺鉄道(現在の南海本線)が園内の東部を縦断する形で敷設された。さらに大正時代には国道26号(当時の呼称は国道16号)の建設工事に伴い、同道路が園内を縦断することになった。これに伴い1918年-1924年にかけて、国道より西側を廃止するなどの縮小・整備が行われて現在の形になった。

住吉公園縮小の代替として、当地から1.5キロほど西に住之江公園が建設されている。

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 大阪都市協会 『住之江区史』 住之江区制十周年記念事業実行委員会、1985年
  • 住吉区制七十周年記念事業実行委員会 『住吉区史』 大阪都市協会、1996年

外部リンク[編集]