二宮城光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二宮 城光(にのみや じょうこう、男性、1954年(昭和29年)1月27日 - )は空手家で、国際空手道円心会館の館長である。愛媛県八幡浜市出身。米国コロラド州デンバー在住。その華麗なる動き、技の切れ、端正なマスクから現役当時「空手界の貴公子」と呼ばれた。

来歴[編集]

1969年(昭和44年)に極真会館芦原道場(八幡浜)へ入門。並行して高校では柔道の稽古も積む。

第3回オープントーナメント全日本空手道選手権大会に初出場し、三回戦で佐藤勝昭と対戦、判定負けした。第5回全日本選手権ではベスト4進出で盧山初雄と対戦したが判定負け、6位入賞。第1回オープントーナメント全世界空手道選手権大会に出場し、準決勝まで勝ち上がり、佐藤勝昭に判定負け、3位入賞した。 第8回全日本選手権では決勝に進出、秋田支部の佐藤俊和に判定負けし準優勝。そして、第10回全日本選手権では、準決勝で中村誠、決勝で三瓶啓二をそれぞれ判定で下して、念願の全日本チャンピオンとなった。

世界大会出場後、アメリカのニューヨーク州ホワイト・プレインズに在った大山茂の道場で正式に指導員となり、門下生に稽古指導する傍ら修行する。その後、コロラド州デンバーに自らの極真カラテの道場を開く。

1980年(昭和55年)、師である故・芦原英幸と共に極真会館を脱退、芦原会館米国本部長職を経て、1988年(平成二年)に芦原会館を離れ、円心会館を設立。サバキ空手の普及を進めている。また、サバキ系空手流派の中で、「サバキチャレンジ」という唯一の世界大会を毎年開催している。

スポーツジャーナリスト二宮清純とは同窓生。(愛媛県立八幡浜高等学校

関連項目[編集]