九州 (中国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春秋時代の中国

九州(きゅうしゅう、くしゅう)とは中国全域の総称。古代、中国全土を九州に分けたことに由来する雅称のひとつである。中国では天下世界全体の意味で用いられる場合もある。

周代以前[編集]

代以前は中国全土を9つの州に分けて、地域単位として用いていた。この九州の対象には異説があり、

漢代以降[編集]

前漢の武帝紀元前106年に全国に13州を設置したことにより、九州は具体的な9つの州ではなく、中国全土の雅称として使用されるようになった。

新羅でも第31代の神文王687年には九州制を布いている。

代に王維阿倍仲麻呂を日本に見送るときに作った漢詩、『送秘書晁監還日本国』に「九州何処遠」という句がある。

日本でも保元の乱直後に出された保元新制1156年)の第一条の冒頭に「九州之地者一人之有也」という一文が掲げられたが、これも中国の例にならって国土全体の雅称として用いられたもので、日本の国土全体は公領・私領(荘園)を問わず全て天皇治天の君)の治める土地であるという意味である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]