中華人民共和国海関総署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中華人民共和国海関総署(ちゅうかじんみんきょうわこくかいかんそうしょ)は、中華人民共和国において、物品等の輸出入管理及び税関事務を司る機関。中央政府が事務を直接管掌する、いわゆる垂直管理体制にあり、国務院の部(日本の省に相当)級直属機関である。海関総署、広東分署、天津特派員事務所、上海特派員事務所、41の税関、2カ所の税関学校、及び562の所管税関機関よりなる。

所管事務 [編集]

  • 運輸機材、貨物、物品の輸出入監視・管理
  • 関税、その他諸税・費用の徴収
  • 密輸取締
  • 関税統計処理、その他の業務

階級制度[編集]

税関職員は、以下の5等13級の階級に別れる。

1等 海関総監
海関副総監
2等 関務監督一級
関務監督二級
関務監督三級
3等 関務督察一級
関務督察二級
関務督察三級
4等 関務督弁一級
関務督弁二級
関務督弁三級
5等 関務員一級
関務員二級

海関総監、海関副総監、関務監督一級、関務監督二級は、国務院総理により任命される。

歴代署長[編集]

  • 孔原(在任1949-1953)
  • 王潤生(在任1980-1985)
  • 戴杰(在任1985-1993)
  • 銭冠林(在任1993-2001)
  • 牟新生(在任2001-2008)
  • 盛光祖(在任2008-2011年2月)
  • 于広洲(在任2011年4月-)

外部サイト[編集]