世界の新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界の新聞(せかいのしんぶん)では、世界各国の新聞のうち部数の多いものを記載する。

世界新聞協会の2010年の調査では、世界で最も新聞の発行部数の多い国のトップは中華人民共和国で11,078万部である。2位がインドの10,993万部、3位が日本で5,043万部と続く。4位は米国の4,857万部、5位はドイツの1,974万部であった。2005年の調査では上位100紙の中、75紙がアジアの新聞で、上位10位中7紙が日本の新聞であった。

欧米で部数の多い新聞は、有名人のゴシップやヌードなどを掲載する大衆紙が多い。

1990年は旧ソ連の『プラウダ』が2,150万部を発行し、ギネスブックに登録されていたが、今は158万部(2005年調査)である。同じく旧ソ連時代の週刊紙『Argumenty i fakty』は3,350万部発行され、やはりギネス登録されていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]