イギリスの新聞一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イギリスの新聞一覧は、イギリスで発行される新聞の一覧である。

概説[編集]

イギリスは階級社会であり、新聞も高級紙と大衆紙に分かれている。高級紙とは上流階級・知的階層向けの真面目な新聞である。クオリティ・ペーパーと呼ばれ、権威がある。大衆紙とは中流階級・労働者階級向けの娯楽新聞である。興味本位のゴシップやセンセーショナリズム、お色気で悪名を轟かせている[1]

高級紙の発行部数は大衆紙と比べると少ない。大衆紙で最も売れている「サン」は310万部。高級紙で最も売れている「デイリー・テレグラフ」は86万部にすぎない[2]

高級紙は大判の新聞紙を使用しているので、ブロードシートと呼ばれる。また大衆紙は小型の新聞紙を使用しているので、タブロイドと呼ばれる。しかし最近、高級紙も携帯性を重視して小型化し、タブロイドを使用している事も多い。

日本と異なり戸別宅配制度はない為、駅の売店や小売店(エージェント)での販売が中心である。また再販売価格維持がない為、価格競争が起きることもある[2]。1990年代にはタイムズが口火を切って、安売り合戦が行われた[1]

歴史[編集]

イギリスは言論の自由や近代ジャーナリズムの成立に大きな役割を果たした新聞史上、重要な国である。

と言っても、16世紀から17世紀のヨーロッパでは新聞はドイツが盛んで、イギリスはそれほどでもなかった。例えば16世紀、ドイツではニュースを記述したビラやパンフレット形式の印刷物である「フルークブラット」が出版された。イギリスでも「リレーション」が出版されたが、フルークブラットと比べると数は少なかった。17世紀の定期刊行新聞でも、イギリス初の週刊新聞である「ウィークリー・ニューズ」(1622年)は、ドイツに10年以上の後れを取った。しかし、イギリスでは清教徒革命名誉革命を通じて、言論の自由が徐々に認められて行った。一方、大陸では専制君主の支配が強力だった。ドイツでは19世紀まで言論の自由は認められず、新聞は発展しなかった。

18世紀のイギリスには、いろいろな新聞を読み放題のコーヒー・ハウスが登場した。裕福な商工業者であるブルジョワジーが新聞を元に政治議論を行い、貴族のサロンと同じように論壇を形成した。この頃、タイムズなど高級紙が創刊された[3]

19世紀になると大衆紙が登場した。大衆紙はアメリカのイエロージャーナリズムが有名だが、イギリスも大衆紙の源流の1つである。「廉価・大部数」の商業主義大衆紙はイギリスから始まった[4]

1896年アルフレッド・ハームズワースによって、デイリー・メールが創刊された。1903年にはデイリー・ミラーも創刊された。これらは写真など当時の最新技術を使って、ボーア戦争から国王エドワード7世の死に顔までを報道し部数を伸ばした。その後、ハームズワースはタイムズなども買収し、一族で新聞王国を築いた。彼らの他にもウィリアム・マクスウェル・エイトキンやロイ・トムソンなどの新聞王が誕生し爵位が贈られた(プレス・バロン)。

1930年代、大衆紙の販売競争は最高潮を迎える。デイリー・ヘラルド(現在のサン)は豪華景品を餌に拡販を始めた。この戦略は経営を圧迫し、デイリー・ヘラルドは倒産。デイリー・ミラーに買収された[4]

第二次世界大戦後もデイリー・ミラーの時代が続いた。戦後初の総選挙では、デイリー・ミラーが押すクレメント・アトリーウィンストン・チャーチルに勝利。1964年、デイリー・ミラーは500万部を突破し黄金期を迎えた。一方でイギリスはイギリス病と呼ばれる不景気に苦しんだ。

1970年代になると新たな新聞王ルパート・マードックが登場する。当時、タイムズやオブザーバーなどイギリスの新聞は、労使紛争の激化で経営難に陥っていた[1]。マードックはサンやタイムズなどを次々と買収し、ニューズ・コーポレーションの傘下に収めた。右派のサンはフォークランド紛争で主戦論を展開し、左派反戦のデイリー・ミラーを追い落とした。

経営不振に陥ったデイリー・ミラーを買収したのがロバート・マクスウェルである。1980年代、マードックのサンとマクスウェルのデイリー・ミラーは死闘を繰り広げた。この戦いはマードックが勝利し、マクスウェルは怪死を遂げた[2]

ライバルを倒したマードックは1990年代、多国籍なメディア・コングロマリットの形成に邁進(まいしん)した。

高級紙(Quality paper)[編集]

タブロイド(Tabloid newspaper)[編集]

中級紙("Middle-market" tabloid newspaper)[編集]

大衆紙(Popular paper)[編集]

地方紙[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『マス・コミュニケーション概論』ISBN 978-4313410527
  2. ^ a b c 山本浩『仁義なき英国タブロイド伝説』 ISBN 978-4106100970
  3. ^ 吉見俊哉『メディア文化論』ISBN 978-4641121904
  4. ^ a b 前澤猛『新聞の病理』ISBN 978-4000233538

関連事項[編集]