ヴィーヴォ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィーヴォ
Vivo S.A.
Logomarca Vivo.jpg
種類 公開会社
市場情報 IBOVESPA:VIVO3/ VIVO4
本社所在地 ブラジルの旗 ブラジル
サンパウロ
設立 2003年
業種 通信業
事業内容 携帯電話インターネットのサービス
従業員数 5,600人(2007年度)
主要株主 テレフォニカポルトガルテレコム
外部リンク http://www.vivo.com.br/ www.vivo.com.br
テンプレートを表示
ヴィーヴォ本社(サンパウロ)

ヴィーヴォ(Vivo S.A)は、ブラジル及びラテンアメリカで最大級の携帯電話事業会社。使用者人口は4,000万人以上とされる[1]

ヴィーヴォはもともと、ポルトガルテレコムスペインテレフォニカの合弁の下、複数の携帯電話事業会社が合併して誕生した。

ヴィーヴォの携帯電話ネットワークは当初、CdmaOneを基盤としていたが、それでもなお、合併の際には、AMPS(TdmaOne、時分割多元接続)によるサービスも提供していた。

2006年以降、CdmaOne及びAMPSによるサービスはGSMによるサービスへと変更された。ヴィーヴォは、CDMA方式及びGSM方式によるサービスを提供することを発表した[2]。その後、CDMA方式は主要都市では、CDMA2000へと移行している一方で、ヴィーヴォは現在では携帯電話によるインターネットサービスも提供している。

ヴィーヴォ・ブランドは、2003年4月13日に発足した。2006年までは、ヴィーヴォグループは6社から構成される持ち株会社であったが、2005年11月、ヴィーヴォ社への合併を発表し、2006年2月22日にそれが実現した。

ヴィーヴォは、また、EVDO及び3Gのサービスも提供している。

脚注[編集]

  1. ^ (PDF) Resultados Consolidados Quarto Trimestre e Ano de 2007 (in Portuguese), http://vivo.mediagroup.com.br/port/download/trimestrais/VIVO_Resultados_4T2007.pdf 
  2. ^ O que muda com a ida da Vivo para o GSM” (Portuguese). 2007年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]