ヴィーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィーダ(またはヴィダオック語Vida)は、オック語で書かれたトルバドゥールまたはトロバイリッツ(Trobairitz)の短い散文伝記である。

概略[編集]

「Vida」という語はオック語で「生涯」の意味。シャンソニエ中世トルバドゥールの詩を集めた写本。Chansonnier)の中では、特定の作者の作品に短い散文の伝記が添えられることが多かった。しかし、これらがどの程度、独自の情報源に基づいているかについては論争の的となっている。いくらかの断定は、詩の内容を読んで推定したものであることは疑いない。ヴィーダの多くはイタリアで、多くはUc de Saint Circによって作られた。

さらに、いくつかの詩にはRazo(詩が書かれた状況の説明)が添えられもした。

ヴィーダの添えられたトルバドゥールとトロバイリッツたち[編集]


参考文献[編集]

  • Biographies des troubadours, edd. and trans. J. Boutière and A.-H. Schutz. Paris: Nizet, 1964.
  • The Vidas of the Troubadours, ed. and trans. Margarita Egan. New York: Garland, 1984. ISBN 0 8240 9437 9.