アイメリック・デ・ペギヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイメリック・デ・ペギヤンAimeric de Peguilhan, 1170年ごろ - 1230年ごろ。1190年1220年に活躍)ペギヤン(Peguilhan、現在のサン=ゴーダンス近郊)出身のトルバドゥール。衣服商の息子であった。トゥールーズ伯ライモン5世とライモン6世の庇護を受けるが、アルビジョア十字軍の脅威によって南仏を去り、10年ばかりイタリア北部に過ごす。少なくとも50の歌曲を作ったことがわかっているが、そのうち旋律が残っているのは次の6曲のみである。

  • Atressi•m pren com fai al jogador
  • Cel que s'irais ni guerrej' ab amor
  • En Amor trop alques en que•m refraing
  • En greu pantais m'a tengut longamen
  • Per solatz d'autrui chan soven
  • Qui la vi, en ditz