ヴィクトリア (ミルフォード=ヘイヴン侯爵夫人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィクトリア・マウントバッテン

ヴィクトリア・マウントバッテン(Victoria Alberta Elisabeth Mathilde Marie Mountbatten, Marchioness of Milford-Haven, 1863年4月5日 - 1950年9月24日)は、初代ミルフォード=ヘイヴン侯爵ルイス・アレグザンダー・マウントバッテンの夫人。結婚前の名はヴィクトリア・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット(Victoria von Hessen-Darmstadt)。

ヘッセン大公ルートヴィヒ4世と最初の妃であるイギリス王女アリスの長女として、ウィンザー城で生まれた。3歳まではベッスンゲンで育ち、その後ダルムシュタットに家族で住んだ。彼女は妹エリーザベト(のちのロシア大公妃エリザヴェータ・フョードロヴナ)と同じ部屋に生活し、良い教育を受けた。

1878年、ダルムシュタットで大流行したジフテリアに大公一家が罹患し、末妹マリーと母アリスは助からなかった。ヴィクトリアは、幼い兄弟たちの母親代わり、父の秘書代わりとなった。

1884年4月、ダルムシュタットでヴィクトリアは父の従弟ルートヴィヒ・フォン・バッテンベルクと結婚した。彼の父アレクサンダー貴賤結婚をしてロシアの軍人となっていたため、子供たちは下級貴族扱いであり、資産も少なかった。この結婚に父ルートヴィヒは不本意だったため、夫がイギリス海軍の軍人だったこともあり、ヴィクトリアはイギリスで生活するようになった。夫が地中海へ航海に出ると、ヴィクトリアも同行してマルタで一冬をすごしたことがあった。彼女は息子ルイスを10歳まで自分が家庭教師代わりに教育した才女だった。ルイスは1968年にヴィクトリアを評して、「母は歩く百科事典だったよ。」と言った。

第一次世界大戦が始まると、夫ルイスとヴィクトリアはワイト島に引退した。国民感情を考え、敵国ドイツの姓を名乗るのに不都合となり、イギリス王家は「ウィンザー家」と改名した。それにならい、ヴィクトリアたち一家は「バッテンベルク」(バッテンバーグ、Battenberg)から、より英語的な「マウントバッテン」(Mountbatten)に改姓した。その3日後、夫はジョージ5世よりミルフォード=ヘイヴン侯爵を授爵された。この戦争の後のロシア革命で、ヴィクトリアは妹2人、エリーザベトとアリックス(ロシア皇后アレクサンドラ)を失った。

ヴィクトリアは長女アリスの病に心を痛め、家庭の不和で行き場をなくした孫フィリッポス(のちのエディンバラ公フィリップ)を引き取り、イギリスで養育した。

夫と死別してからの彼女は第二次世界大戦中に、ケンジントン宮殿に住んでいた。宮殿が空襲に遭ったあと、ウィンザー城に住まいを移した。戦後、息子ルイスがインド総督の任務を受諾しようとしているのを知ると、危険だからという理由で最後まで賛成しなかった。1950年、ルイスの家に滞在中病にかかり、「ここは私が死ぬには良すぎる場所よ。」と言ってケンジントン宮殿に戻り、そこで没した。

子女[編集]